新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q290.母親は、現在59歳なのですが、年金をなる…

  • HOME »
  • Q290.母親は、現在59歳なのですが、年金をなる…

質問290.母親が胃癌になってしまい、手術をしたのですが、5年ぐらい生きる可能性が10%程度だそうです。母親は、現在59歳なのですが、年金をなるべく早くからもらうとして、何歳からもらうことが可能ですか?また、いくらぐらいもらえるのでしょうか?母親は、ずっと高校の非常勤講師をして働いていました。途中に辞めること無く、30年以上働いております。


回答特別支給の老齢厚生年金又は退職共済年金が60歳から支給されます。支給開始年齢が近づいてますので最後に勤務した事業所を管轄する社会保険事務所(厚生年金加入の場合)か共済組合(共済組合に加入していた場合)に年金額の見積もりを出してもらい年金額を確認してください。

老齢基礎年金は原則65歳からの支給です。60歳からの繰り上げ受給もできますが、その場合、老齢基礎年金が大幅に減額されてしまいますし、老齢厚生年金の定額部分が支給停止になってしまいます。
(共済組合に加入していた場合には、老齢基礎年金の1部繰り上げという新制度の適用を受けることになると思うのですが、まだ制度の仕組みがはっきりしていないようです。)

お母様の場合には、老齢基礎年金の繰り上げは考えなくて良いと思いますが、見積額を比較して考えてみてください。
(2000.12.23掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.