新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q288.退職給付会計の導入で年金債務の積立不足が…

  • HOME »
  • Q288.退職給付会計の導入で年金債務の積立不足が…

質問288.年金に興味があり勉強している者です。このような質問もよろしいですか?退職給付会計の導入で年金債務の積立不足が露わになると言われていますが、その解消法について教えてください。「過去勤務債務の早期償却」「ポートフォリオや運用委託先の変更」「給付の引き下げ・受給年齢引き上げ」「賃金・雇用制度改革」「基金の解散」「退職給付信託」「401kの導入」と解決法があると聞きました。しかしこの解決法は全ての企業が採用できる方法なのでしょうか?過去勤務債務の早期償却は資金が豊かな企業しか実行できないと思うのですが、他の解決法は大企業・中小企業関係なく実行できるのでしょうか?年金債務の積立不足の解消法のスキームについて教えて下さい。お願いします。(女性、学生)


回答企業年金についてのご質問ですね。
すばらしいご質問をいただきましたが、私の知識ではお答えすることができません。
本当にごめんなさい。

(2000.12.23掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.