新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q265.戦時中学徒動員を受けました。動員先は旧日…

  • HOME »
  • Q265.戦時中学徒動員を受けました。動員先は旧日…

質問265.戦時中学徒動員を受けました。動員先は旧日本海軍の軍需部(横浜市)久里浜倉庫でした。昭和19年の12月から昭和20年8月の終戦日まででした。給与は月1円、月額30円なにがしかでした。これらについても年金の加給を受けられるのでしょうか?問題は、母親がとっておいてくれた学級組長任命書以外に、一切のバウチャーが手許にないないことです。もし受給可能であれば、いかに手続きすべきかご教示賜りたく、よろしくお願いします。(男性、1931年生まれ)


回答昭和6年以前生まれの方が、軍需工場、学徒動員、挺身隊に徴用された期間は、厚生年金の被保険者期間となる場合があります。
被保険者期間として確認されれば、加入期間に漏れがあったということで年金額は増額されるでしょう。ただし、年金の受給に関しての時効は、5年です。請求した時点から5年前までの分しかもらうことができません。
相談者の場合には、65歳前の老齢厚生年金の受給の時効が迫っていますので、早めに手続き窓口である住所地の社会保険事務所で相談してみてください。
(2000.11.27掲載)

後日、相談者からの連絡により、学徒動員と挺身隊は年金支給の対象としないことになっているということがわかりました。相談者及びご確認いただきました社会保険事務所様にご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げるとともに、結果をご報告いただきましたことに感謝いたします。
(2002.8.18訂正)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.