新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q249.最近「年金は払い損だ」と言ううわさもあり…

  • HOME »
  • Q249.最近「年金は払い損だ」と言ううわさもあり…

質問249.34歳男性です。現在大学院博士課程に在学し,今のところある程度の収入もあります。最近「年金は払い損だ」と言ううわさもあり,今後年金を払いつづけるか,自分でポートフォリオを考えて蓄えていくか考慮中です。すでに8年ほど払っていますが,今後続けてどれほどの年金が受け取れるのでしょうか?またどこに問い合わせれば受取額を知ることができるのでしょうか?(男性)


回答公的年金というと老齢年金のことばかり考えてしまいがちです。確かに、老いは誰にでも確実にやってくるものですから、そうなってしまうのも無理はないのですが、公的年金には老後の生活資金としての役割のほかに、障害を負ってしまった後の生活や自分が死亡してしまった後に残される遺族の生活の支えとなるという役割もあります。
不慮の障害や死亡は、いつふりかかるかわかりません。そういった場合の備えについても考えてみてくださいね。
老齢年金の額は、お近くの市町村役場や社会保険事務所で試算できますが、相談者はまだお若いですから、現時点での年金試算額を算出してもあまり参考にはならないと言われてしまうと思いますよ。それでも目安として試算してみるなら、日経マネーDIGITAL「年金ガッチリ講座」の受け取り額シュミレーションを参考にしてみてはいかがでしょうか。
(2000.11.13掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.