新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q228.地方公務員として勤めた場合と私立学校共済…

  • HOME »
  • Q228.地方公務員として勤めた場合と私立学校共済…

質問228.私は30年間、医師として国家公務員、地方公務員の共済組合に加入しております。このまま定年(65歳)まで地方公務員として勤めた場合と私立学校共済組合に転じて定年を迎えた場合とで退職手当、退職共済年金にどれほどの差がでるのかについてご教示下さい。
私立大学の年収は不明ですが大幅な減収になると思われます。(男性、1944年生まれ)


回答将来年金を受け取る際には、各組合の「加入期間」に応じた年金を受け取ることになります。
退職共済年金の額は次の式1)、2)から求めた額の合計です。
複数の組合に加入している場合には、各組合の加入期間に対して計算した額を各組合が支給します。

1)平均標準報酬月額×1000分の7.125(乗率A)×組合員期間の月数
2)平均標準報酬月額×1000分の1.5(乗率B)×組合員期間の月数
(ただし、組合員期間が20年未満の人の乗率Bは1000分の0.75)

退職共済年金額=1)+2)

私学共済の組合員になった場合には、私学共済から支給される退職共済年金の計算に用いる乗率Bが1000分の0.75になってしまうこと。また、大幅な減収ということであれば平均標準報酬月額も少なくなると言うことです。
年金のことだけで単純に考えれば転職しない方が得なように思いますが、どのくらいの差になるかまでは予測できません。

職場の選択については、私はアドバイスできませんが、今回の回答がなんらかの参考になれば幸いです。ただし、今後10年間の人生の一部を決定するわけですから年金のみでなく様々な角度で検討してみてください。
(2000.7.23掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.