新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q220.妹は来年には就職する予定ですが、現在は保…

  • HOME »
  • Q220.妹は来年には就職する予定ですが、現在は保…

質問220.妹のことですが、今年の春に大学を卒業し(22歳)、現在はアルバイトをしています。来年には就職する予定ですが、現在は保険料を払う余裕がありません。今年払わず、来年からというのはだめですか?来年払えるようになったら、払っていなかった一年分は払うのでしょうか。今までのQ&Aをみて近いのを探したのですが、いまいち不安なのです。教えていただけると幸いです。(女性、1977年生まれ)


回答国民年金の保険料は、20歳から納めることになっています。もし、本人が納付できない場合は、世帯主が本人にかわって保険料を納付する義務があります。
このどちらも、経済的な事情があり保険料を納できないと言うことであれば、保険料の納付の免除を申請することができます。
以上のような場合以外で、保険料を納めていない場合には、この期間は保険料未納期間となります。
もし、未納期間のある人がある時点から保険料を納める手続きをした場合には、その時点以降の保険料を納めるのは当然ながら、その時点から過去2年以内の期間について未納になっている分の保険料も請求されることになります。
国民年金制度では、保険料未納期間中の事故による障害などに対して年金が支給されないこともありますので、保険料を納めるか、事情があるということであれば免除の申請をされることをお勧めします。
(2000.7.16掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.