新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q211.私的年金に加入したいと思っていますが、給…

  • HOME »
  • Q211.私的年金に加入したいと思っていますが、給…

質問211.私的年金に加入したいと思っていますが、給付金額をどの程度に設定したら良いのか悩んでいます。私的年金以外の給付額が幾らになるかによって、私的年金額を決めたいのですが、どのように考えたら良いかアドバイスを頂戴できれば幸いです。(男性、1966年生まれ)


回答相談者の年齢から考えますと、年金を受給するのはまだ先の話ですね。今回、試算した金額は現行法に従って平成12年度の数字をもとにして計算していますし、平均標準報酬月額も仮定の金額にしましたから、実際に受給する金額とは異なることを申し上げておきます。

<相談者の年金>
相談者が60歳までお仕事を続けたと仮定します。さらに、最初の就職から60歳の退職までの期間はすべて厚生年金保険に加入していて、その間の平均標準報酬月額を30万円(仮定)であったとして、試算してみました。

老齢基礎年金、老齢厚生年金ともに65歳からの受給になります。
金額は老齢基礎年金が年額約80万円、老齢厚生年金が年額約107万円

また、もし奥様の厚生年金保険の加入期間が20年未満であれば奥様が65歳になるまでのあいだ相談者の老齢厚生年金に年額約40万円(配偶者加給年金)の加算があります。相談者の場合には、約1年間の支給ですね。

<奥様の年金>
奥様が37歳までお仕事を続けたと仮定します。さらに、最初の就職から37歳の退職までの期間(19年間)はすべて厚生年金保険に加入していて、その間の平均標準報酬月額を25万円(仮定)、退職後は相談者の扶養となり国民年金に第3号被保険者として加入、相談者が退職して後、60歳までのあいだは第1号被保険者として国民年金に加入したと仮定し、試算してみました。

64歳から老齢厚生年金:年額約40万円
65歳から老齢基礎年金:年額約80万円

次に奥様が60歳までお仕事を続けたと仮定します。さらに、最初の就職から60歳の退職までの期間はすべて厚生年金保険に加入していて、その間の平均標準報酬月額を27万円(仮定)であったとして、試算してみました。

64歳から老齢厚生年金:年額約96万円
65歳から老齢基礎年金:年額約80万円

平成11年度の年金改正で年金の支給開始年齢は60歳から65歳へと変化しつつあります。しかし、それに伴い65歳定年制を設ける会社も増えてくるとは思いますが、現状ではまだ大手企業が動き出した程度です。また、定年年齢が65歳になったとしても、60歳以降の賃金は低下することになるでしょう。
給与所得が低下し、年金はもらえない60歳から65歳のあいだをどうつなぐかが問題になってくるかもしれませんね。(年金は前倒しで60歳から受給することもできますが、その場合には30%の減額となります。)
(2000.7.9掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.