新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q177.大学時代に20歳を迎えたのですが、その時…

  • HOME »
  • Q177.大学時代に20歳を迎えたのですが、その時…

質問177.今まで一度も年金等を払ったことがありません。
大学時代に20歳を迎えたのですが、その時期は海外に行っていたので年金の学生免除の手続きもせず、そのままにしてしまいました。日本の大学卒業後、留学をし現在海外でも学生をしています。市役所には何も届け出ていません。こちらで卒業したら帰国するつもりでいますが、それから加入し、今までの未納金を支払うことはできますか? それとも今までの海外期間&学生期間を考慮してもらうことはできますか?(女性、1975年生まれ)


回答相談者が日本を出国する際に転出届を市区町村役場に提出していれば、住所地が日本国外にある期間は合算対象期間になります。
このように海外に居住している場合には、国民年金の強制加入者には該当しません。よって、加入者ではありませんから海外に居住している間に負ってしまった障害や死亡に対する年金は支給されません。しかし、将来の老齢年金については、年金額には反映しませんが、年金の受給資格を確認するための期間には含まれます。
相談者が住所を日本に残したまま出国された場合には、海外に滞在している期間は保険料の未納期間ということになってしまうと思います。未納になっている保険料の支払いは、過去2年分のみになります。
(2000.6.18掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.