新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q178.今までフリーターであったために年金を払っ…

  • HOME »
  • Q178.今までフリーターであったために年金を払っ…

質問178.今までフリーターであったために年金を払ってきませんでした。6月から正社員として働くことになり、年金手帳を持参するように会社から言われたのですが、家で確認したところ20歳のとき年金手帳が送られてきた形跡がありません。もしかしたら、紛失かもしれません。
この場合どうしたらいいのでしょうか。妹には送られてきてます。自分で社会保険事務所に行き手続きをしたらいいのでしょうか。それとも、会社で代行できるのですか。あと、追徴金として支払う必要がありますか。全く理解していなかったので、詳しく説明ねがいます。(女性、1974年生まれ)


回答年金手帳を紛失した場合には、再交付の申請を行ってください。厚生年金保険加入者が紛失した場合には勤務している事業所を管轄する社会保険事務所、国民年金加入者が紛失した場合には住所地の市区町村役場が窓口になります。

相談者の場合には、厚生年金保険加入の手続き中ですから自分で住所地の市区町村役場へ申し出てください。
その際、未納になっている保険料のうち過去2年分の保険料を納付するよう勧められると思います。追徴金はありません。

2年分の保険料ですからちょっと高額ですが、その場で一気に納付する必要はありませんし、分割納付もできます。今後、厚生年金保険に加入されても、過去の保険料が未納になっているために年金が支給されなくなってしまう場合もありますので、未納期間の保険料を納付することをお勧めします。
(2000.6.18掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.