新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q175.今、通信制大学生で19歳です。将来大学を…

  • HOME »
  • Q175.今、通信制大学生で19歳です。将来大学を…

質問175.今、通信制大学生で19歳です。将来大学を卒業したらアメリカに留学・そのまま就職して日本に帰国しないことを考えているのですが、その場合20歳になってから留学する間の年金の支払いはアメリカのほうに移ってから支払っていく年金と合算されて、定年後にそのままアメリカで受取ることはできますか?
また、日本では年金を払わずに、アメリカへ渡ってから年金を払い始めることはできますか?できるとしたら、その間払わないことで何か支障ができてしまいますか?(女性)


回答アメリカと日本の年金制度加入期間の合算については、いまのところ調整されていません。
日本にいるあいだ公的年金制度に加入しない場合には、その間の障害や死亡について年金の支給が行われないという問題があります。

逆に、たった数年でも保険料を納めた場合に、その保険料は決して無駄にはなりません。海外に出国される際に最終住所地の市区町村役場で転出の手続きと国民年金の手続きを行えば、海外で暮らしていた期間は日本の公的年金に加入したくても加入できなかった期間とされ、65歳以降、保険料を納めた期間分の老齢年金が支給されることになります。

また、アメリカで暮らしながら日本の国民年金に任意加入することもできますので、出国される前に市区町村役場で相談してみてくださいね。
ご自身の老後や万一のための準備ですから、慎重に考えてください。
(2000.6.18掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.