新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q163.私の父は18歳よりサラリーマンで厚生年金…

  • HOME »
  • Q163.私の父は18歳よりサラリーマンで厚生年金…

質問163.私の父は18歳よりサラリーマンで厚生年金に加入し、52歳で独立。現在は58歳ですが、独立後は自営業(国民年金第1号)でずっときています。もちろん納付はちゃんと続けています。
そこで質問なのですが、60歳になっても今の自営業(個人経営)の仕事を続けていく予定で、年金以外の収入がはいってくることになるのですが、年金の給付が制限されることがあるのでしょうか?

本によると(私の父の場合)60歳から62歳までは報酬に比例した厚生年金が支給され、62歳から65歳までは特別支給の厚生年金が、そして65歳からは老齢基礎年金と老齢厚生年金が支給される、とあるのですが、60歳になっても年金以外の収入があった場合、年金額カットはありますか?※60歳になっても厚生年金加入者は20%カット、などと本にあるのですが、国民年金の第1号でもこれがあてはまりますか?また国民年金の場合、20歳から60歳までが加入期間ですが、60歳でも自営で収入があった場合、国民年金の納付期間を延長されて、年金をもらいながら、年金を納める、ということになるのでしょうか?この2点がどうしても本を読んでも理解できず、質問させていただきました。宜しくお願いいたします。


回答年金の支給停止は、厚生年金の被保険者になっている場合に行われるものです。お父様は自営業(第1号被保険者)ということですから、この支給停止はありません。現在のお仕事を続けていても、年金は全額支給されます。
国民年金は、60歳までが強制加入期間です。お父様の場合は、受給資格期間も満たしていますし、20歳から現在までのあいだに保険料の未納期間がないのであれば、お仕事をしていたとしても60歳以降、保険料を納める必要はありません。
(2000.9.11掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.