新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q162.今春から就職したのですが、年金手帳を持っ…

  • HOME »
  • Q162.今春から就職したのですが、年金手帳を持っ…

質問162.私は27歳なんですが、今まで年金を払ったことがなく、年金手帳を持っていません。今春から就職をして、各種社会保険や年金に加入することになったのですが、支払いをはじめてから2ヶ月も経つというのに年金手帳も保険証も発行されません。なんでも、私が年金手帳を提出しないからだということらしいです。そこで、再交付申請書というものを手渡されたのですが、何を記入したらよいのやらまったくわかりません。こういった場合、どのような対処をしたらよいのでしょうか?会社側で交付をしてくれるわけではないのでしょうか?上司に何度も尋ねているのですが、なかなか要領を得ません。どうかよきアドバイスをお願いします。(男性、1973年生まれ)


回答原則的には本人が申請書を作成し、事業主を経由して社会保険事務所に提出することになります。
作成時には次の点に注意してください。

年金手帳の記号・番号:わからないときは空欄のまま
氏名、生年月日、性別、住所、事業所の名称、所在地:正確に記入
※現に被保険者として使用されている事業所とは、現在勤めている会社のことです。
現に被保険者として使用されている事業所欄の取得年月日は採用日です。
初めて年金手帳の交付を受けた当時に使用されていた事業所欄:空欄のまま
滅失又はき損事由:正確に(交付を受けていない可能性もあることなど)
左下の事業所所在地、名称、事業主氏名欄は事業主が記入します。
(2000.6.11掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.