新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q142.私は38歳の主婦です。現在パート勤務をし…

  • HOME »
  • Q142.私は38歳の主婦です。現在パート勤務をし…

質問142.私は38歳の主婦です。現在パートなどで、収入を得たりしていますが、主人と年が離れていて主人はあと5~6年で定年です。主人の定年後は私は国民年金に入らなければなりません。将来年金をもらうためには25年間保険料を納めないといけないと聞きました。
今後自分のためにパートではなく厚生年金をかけられるような仕事に就いた方がいいのか迷っています。これまでに厚生年金を7年5カ月ぐらいかけています。
65歳になって同じ年金でも厚生年金と国民年金では受け取る金額も変わって来るのでしょうか?(女性、1960年生まれ)


回答そうですね。相談者は現在、第3号被保険者ですから保険料を納める必要はないわけですが、ご主人の定年後は、国民年金の第1号被保険者になりますから保険料を納めなければなりませんね。相談者がおっしゃるように、いっそのこと厚生年金保険に加入可能なお仕事をするのは良い方法だと思いますよ。
その分、将来もらう年金の額も増えますしね。
例えば、このまま国民年金の保険料を納めていくことにした場合の65歳からの年金は老齢基礎年金(国民年金)と7年5ヶ月の加入期間分の老齢厚生年金ですが、今後、厚生年金保険に加入した場合には、老齢基礎年金の額は変わりませんが、老齢厚生年金は加入期間が増えますから年金額が増えることになります。
しかし、このお話は、今後の夫婦のライフスタイルを決めることでもありますから、ご主人にも相談して考えてみてくださいね。

(2000.5.28掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.