新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q141.父61歳が、マンションを購入予定で、住宅…

  • HOME »
  • Q141.父61歳が、マンションを購入予定で、住宅…

質問141.父61歳が、マンションを購入予定で、住宅金融公庫の不足分を年金融資と考えているようなのですが、少し前のニュース番組で、年金融資には問題があると放映していました。よく見ていなかったのですが、どんな問題があるのでしょうか?(男性・サラリーマン)


回答私もその番組は見ていなかったので、よくわかりません。本当にごめんなさい。
これまで、年金住宅融資や年金教育資金貸付を行ってきた年金福祉事業団の解散が決定しており、これから設立される年金資金運用基金が業務の承継することになっていますのでその辺に問題があるのかもしれませんね。
公的年金融資の融資条件や融資額などについては、次のホームページをご参照ください。

財団法人 医療経済研究・社会保険福祉協会

年金福祉事業団のホームページ

(2000.5.28掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.