新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q123.私の友人は、年金も健康保険も加入していま…

  • HOME »
  • Q123.私の友人は、年金も健康保険も加入していま…

質問123.30歳男性の事なのですが、職を転々とし厚生関係の支払がついてこない、いわゆるフリーター状態で仕事をしてきました。今までに国民年金を払った事はなく税金だけかろうじて払ってる状況です。病院に行かせたい為健康保険を入手したいのですが、どのように手続きを踏むのがベストなのでしょうか?また滞納分の支払いはどこまで溯るのでしょうか?収入が低い為支払いが困難な場合多少の免除は受けられるのでしょうか?


回答年金ではなく健康保険に関するご相談のようですが、今回は特別に回答させていただきます。

・勤務先で健康保険の適用がない。
・収入が130万円以上でご家族の被扶養者になれない。

このような場合には、国民健康保険に加入することになります。加入の手続きは住所地の市区町村役場で行います。
健康保険は年金と異なり、強制加入ではありませんので、保険料をさかのぼって納める必要はありませんからご安心ください。
2年以上、無保険だったとすると、国民健康保険の保険料を2年間さかのぼって納めなければなりません。ただし、分割納付もできますので窓口で相談してみてください。
また、市区町村によっては、所得の少ない世帯に対する保険料の軽減を行っているようです。
それから、国民年金の保険料も所得が少ない場合には、保険料の納付を免除される場合がありますので、市区町村役場の国民年金課で相談してみてください。
年金も健康保険も自分自身の将来や万一のために備えるものですから、後でしまったということのないようにちゃんと手続きしてくださいね。

(2000.5.17掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.