新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q105.1)国民年金と厚生年金に交互に加入してい…

  • HOME »
  • Q105.1)国民年金と厚生年金に交互に加入してい…

質問105.
1)国民年金と厚生年金に交互に加入しているのですが、60才、65才で両方、受給する為には、いずれも何年間支払えば、受給できますか?又、ブランクがあいたとしても、トータルで清算されるものでしょうか?
2)国民年金基金など、プラスアルファ的な方法を教えて下さい。(女性)


回答
1)老齢基礎年金(国民年金)も老齢厚生年金も国民年金の加入期間が保険料未納期間を除いて25年以上あれば支給されます。
厚生年金保険に加入していた期間も国民年金の第2号被保険者として扱いますので国民年金の加入期間と考えてください。
この期間のうち保険料を納めていない期間がある場合には、その期間を除いた期間を通算したものになります。
2)国民年金基金は、国民年金の第1号被保険者のみ加入することができる制度です。
ですから、厚生年金保険に加入している人やサラリーマンの奥さんなどは加入できません。
その他のプラスアルファ的なものとしては、生命保険会社などの個人年金があります。最近は外資系の会社なども様々な商品を提供しているようですから、検討してみてはいかがでしょうか。

(2000.4.22掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.