新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q317.今は父の扶養ですが、父の会社の方で働いて…

  • HOME »
  • Q317.今は父の扶養ですが、父の会社の方で働いて…

質問317.わたしは昭和55年生まれです。22歳です。今、年金は払ってません。老後は自力でどうにかしたいと思ってました。が、今は父の扶養ですが、父の会社の方で働いているひとは扶養からはずしてください。と、いわれてしまったそうです。となると、保険証を自分でもちたい場合国民年金も払わなければいけないのですよね?ですがあたしは美容師でいまは15万円のお給料をもらってますが去年はメイクの仕事をしていたので8万円でした。わたしはまたメイクのしごとに戻りたいと考えていて、となるとまたすごい安い給料で働くことになるとおもいます。私みたいな人はどーしたらいいのでしょうか?(女性、未婚、自由業・自営業、1980年生まれ)


回答20歳以上60歳未満の方は必ず国民年金に加入することになっています。そのため収入が少なくて保険料が納められない方のために保険料の免除制度もあります。
ただ相談者がお父様と同居されている場合には、世帯主であるお父様にも相談者の保険料を納める義務がありますので、相談者の収入が低いというだけでは免除は受けられません。
本来、相談者のように収入が不安定な方こそ、公的な保険である国民年金に加入して老後や障害などの万一の備えをしておくべきだと思います。
お父様と相談し、国民年金と国民健康保険にしっかり加入してください。
転職後は、月収が8万円程度であればお父様の被扶養者に戻ることも可能です。ただし、被扶養者の認定方法は健康保険組合によって若干異なりますので、手続きの際にはお父様の会社の担当者に相談してみてください。(2002/09/08掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.