新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q232.国民年金にのみ加入していますが、老後の生…

  • HOME »
  • Q232.国民年金にのみ加入していますが、老後の生…

質問232.現在54歳の男性です。10年厚生年金に入って、その後、国民年金を21年掛けております。(昭和21年生) 詳しく計算したことは、有りませんが国民年金だけでは、65歳以降の生活に不安を感じております。家内と2人だけの株式会社を自営しております。 そこでお尋ねですが、何か有利な私的個人年金があれば教えて下さいませんか?最近金銭的に物凄く老後が不安です。 宜しくお願い申します。(自営業・男性)


回答相談者の場合には、厚生年金保険の加入期間もありますから、老後にもらえる年金は老齢厚生年金と老齢基礎年金(国民年金)の2階建て年金ということになります。
一般的には、夫が40年以上厚生年金保険に加入している場合の、夫の年金とその妻の年金を合わせたものが、現役世代の年間所得の6割程度になるといわれています。
相談者の場合には、厚生年金保険の加入年数が10年と言うことですから、少し少な目になるかもしれません。
おっしゃるように今から私的年金などを用意しておくのは、良い方法だと思います。

しかし、私は私的年金についての知識が十分ではありませんので、どの私的年金が有利かご紹介することはできません。ごめんなさい。
(2000.8.6掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.