新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q191.18歳から2~3年厚生年金に加入しました…

  • HOME »
  • Q191.18歳から2~3年厚生年金に加入しました…

質問191.昭和13年生まれの女性です。18歳から地方で2~3年厚生年金に加入しました。60歳になったとき、そのときの年金を請求しようと厚生年金の期間調査をしました。ところが「事業所の該当がない」という回答が届きました。従業員も20~30人いた大きな会社だったのですが・・。給料明細などは古い話なので紛失しておりありません。ただ、記憶ではハッキリ厚生年金に加入しておりました。釈然としないのですが、今後どのようにすれば請求できるでしょうか。(女性、1938年生まれ)


回答「事業所の該当がない」となる原因を考えてみましょう。

1.調査依頼に書いた住所や事業所名、加入期間が誤りだった。
正確なものを思い出し、もう一度調査してください。

2.実際は厚生年金保険に加入していなかった。
相談者の記憶違いかもしれませんし、事業主さんがきちんと手続きしていなかったのかもしれません。給与明細がないとなるとそのことを他の方法で確かめなくてはなりませんね。その会社がいまでも存在するならそちらに問い合わせてみてはどうでしょうか。

厚生年金保険の加入記録については、当時その会社を管轄していた社会保険事務所が保管しているはずですから、そちらに直接問い合わせてみるのも良いでしょう。
(2000.6.25掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.