新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q145.現在、農林年金に加入しています。保険料は…

  • HOME »
  • Q145.現在、農林年金に加入しています。保険料は…

質問145.現在、農林年金に加入しています。保険料はどのように計算されるのですか?(女性)


回答農林漁業団体職員共済組合の年金(農林年金)の掛金(保険料額)は、各組合員の標準給与月額(標準報酬月額)に、共済組合の定める掛金率を乗じて得た額を、使用者と組合員が折半して負担することになっています。
標準給与月額は、毎年8月1日現在に使用されている組合員について、同日前3月間(給与の支払い基礎日数が20日に満たない月は除く。)に受けた給与の総額をその期間の月数で除して得た額を給与月額として、給与月額を一定の枠に当てはめたものです。
標準給与月額には、9万8千円から62万円までの30等級があり、例えば、給与月額が10万1千円未満の場合は、標準給与月額は1等級の9万8千円となり、10万1千円以上で10万7千円未満の場合は、2等級の10万4千円となります。
農林漁業団体職員共済組合の掛金率は、1,000分の194.9ですから、標準給与月額が9万8千円の場合の掛金は、19,100.2円(本人負担は9,550.1円)となります

(2000.5.28掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.