新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q132.母が年金を62歳からもらうことにしました…

  • HOME »
  • Q132.母が年金を62歳からもらうことにしました…

質問132.現在62歳になる母がいます。最近体調が悪く半寝たきり状態で、来週また手術の予定です。「それじゃ満額じゃなくても年金もらったら?」と言う話しになりました。が、「元々かけていない」と言うではないですか!話を聞くと父と離婚してから「免除」されていたと言うのです。年金が最低額でも受け取れるのか?障害者年金受給者の対象となるのか?教えて下さい。寝たきりといえ、たとえいくらかでも収入がないと不安だといいます。(女性)


回答今回のお話のみでは、年金の受給権があるかの判断はできません。
離婚後は保険料の納付を免除されていたとして、その期間が25年以上あるならば、少額ではありますが年金が支給されるでしょう。
もし、免除期間が25年以上なくても離婚以前に国民年金の第3号被保険者や20歳以降の厚生年金保険の被保険者であった期間があれば、その期間を含めて25年間以上となれば年金は支給されますし、期間が長くなればなるほど年金額は増えることになります。

相談者のお母様の場合には、障害年金についても、保険料免除期間と20歳以降で保険料を納付した期間(第3号の期間を含みます)の合計が25年以上にならなければ受給権は発生しません。
障害年金については、保険料納付要件を満たし、障害の程度が障害等級に該当すれば年金が支給されます。

とにかく、住所地の市区町村役場で相談してみてください。
なお、厚生年金保険に加入したことがある場合は、市区町村役場ではなく住所地の社会保険事務所が窓口になります。

(2000.5.21掲載)(2002.3.8訂正)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.