新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q130.今年通信の大学に入りまして国民年金の免除…

  • HOME »
  • Q130.今年通信の大学に入りまして国民年金の免除…

質問130.今年通信の大学に入りまして国民年金の免除申請に市役所まで行ったのですが、通信では学生と認められないと言われました。スクーリングやらなにやらで結構かかるんできついです。やっぱりダメでしょうか?


回答平成12年度から国民年金の学生の保険料納付免除制度は廃止され、学生の保険料納付特例制度が設けられました
しかし、この制度も夜間、通信学生には適用されません
ただし、学生以外に対する保険料の免除制度がありますから、そちらに該当するかどうか考えてみましょう。
相談者はご家族と同居されているのでしょうか。それとも、何らかの収入を得て1人で生活をしていらっしゃるのでしょうか。
また、健康保険などはご両親のどちらかの扶養になっているのでしょうか。
ご家族と同居されていたり、ご両親に扶養されているということになると、免除制度を利用するのは難しいかもしれません。なぜなら、保険料の納付義務は、本人とその人が属する世帯の世帯主にありますから、本人が納付できなくても、ご両親が納付できれば免除は認められないでしょう。
自活していて、所得が少ないということであれば、もう一度、市役所に相談してみるべきです。
(2000.5.21掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.