新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q129.私の父は、年金の加入年数が足りないため、…

  • HOME »
  • Q129.私の父は、年金の加入年数が足りないため、…

質問129.私の父の事でお伺いしたいのですが、父は1923年生まれで、トータルでの年金支払い月数が19年1ヶ月です。私の姉が市役所などで確認の上、申請をしたら最終的には掛けている年数が足りないとのことで、年金を受け取ることが出来ないと言われたそうです。(10年ぐらい前のこと)仕方が無くそのままにしておいたのですが、これから年金を受け取れるようにする手段は有るのでしょうか?まだ収入も少ない頃に無理して掛けていたときも有るそうで、そんなに融通のきかないものかと、釈然としない部分もあります。


回答お父様は大正12年生まれですから、旧年金法の適用を受けることになります。
一度申請をなっさって受給資格が認められなかったということですね。そうだとすると本当に残念ですが、どうすることもできません。
年金の受給資格を得るための要件はとてもシビアです。必要な月数に1月でも足りなければ年金は0円ということになってしまいます。
ただし、念のためにもう一度、お父様の年金加入状況を確認してみましょう。
お父様の厚生年金保険加入期間は19年1ヶ月ということですが、この期間のうち40歳以降の期間が15年以上あれば、老齢年金が支給されます。
また、昭和36年4月1日以降に国民年金や厚生年金保険の加入期間が合わせて18年以上あれば通算老齢年金が支給されます。
どちらかに該当するなら、過去5年分の年金をさかのぼって請求することができるのですが、どうでしょうか。

(2000.5.21掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.