新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q120.失業中の保険料が未払いになっています。払…

  • HOME »
  • Q120.失業中の保険料が未払いになっています。払…

質問120.私は以前サラリーマンをやってましたが、事情があり退社、その後、雇用保険を受給し、数ヵ月後に現在の仕事をはじめました。そうしていると、雇用保険をもらっている期間中は保険料が未払いになっていることがわかり、払い込むよう通知が届きました、金額にして10万程度です。でも、現在の私の生活レベルからいいまして、即金で10万はきついんです。そこで質問です。分割とか、しばらく待ってもらうことはできるんでしょうか。また、払ってないのはその期間中だけで今はずっと払っていますが、このままだと将来受給できないんでしょうか。知り合いから聞いた話では、その金額分だけ減額されると聞きました。どうなんでしょうか。


回答10万は大変ですよね。でも、未納のままにしておくと、将来の年金の額が減ってしまいます。
一気に納付しなくても大丈夫ですから、早めに住所地の市区町村役場の国民年金課で相談してみてください。保険料を納めなかった月から2年を経過してしまうと時効により保険料は納められなくなってしまいます。

それから、減額される金額は、保険料を納めることが可能な月数に対する保険料を納めなかった月数できまります。
相談者の場合、保険料を納めることが可能な月数は20歳から60歳までの480月となるため、もし、保険料を納めなかった月数が7月あったとすると将来の年金額(国民年金から支払われる老齢基礎年金)は次のようになります。

満額(平成12年度は804,200円)×480分の(480-7)
(2000.5.12掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.