新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q110.現在、年金の保険料をほとんど払ってない状…

  • HOME »
  • Q110.現在、年金の保険料をほとんど払ってない状…

質問110.現在、年金の保険料をほとんど払ってない状態です。母子家庭という事で免除の申請もしたのですが全部はさかのぼってできず、前の分も結構たまってしまってます。
最近はやっと、将来のことを考えるようになり、支払っていくつもりです。しかし、いろんな所の情報で国民年金は駄目だよとか、民間の大きな生命保険会社がいいよとか聞きます。国民年金が義務なのは知ってますが、これから国民年金の掛け金も上がるようですし、もらえる年齢も変わってきそうですし、どうすればいいかわからなくなってしまいました。なにかいいアドバイスがあればお聞きしたいと思います。(男性、自営業、1974年生まれ)


回答相談者がおっしゃるように、公的年金制度に対する不安感や不信感が大きくなっていますね。今回の改正でも、厚生年金保険制度に大きなてこ入れが行われました。
しかし、この改正は制度を末永く存続させるための改正ですから、将来、公的年金制度が無くなってしまうようなことはないと思うのです。
厚生年金保険はともかくとして、国民年金を支給できない状況があるとしたら、それは日本経済がボロボロになっているときなのではないでしょうか。そういった場合に、果たして一企業が頼りになるのでしょうか。
以上は、私の私見ですから、参考程度に聞いておいてください。
一般論からいえば、老後や万一の備えは分散し補強し合うようにしておくのが理想です。つまり、公的年金と私的年金を上手に利用するということですが、月々の保険料負担などを考えると理想どおりにはいきませんよね。
まずは、最低限の保障となる国民年金に加入することをお勧めします。

(2000.5.3掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.