新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q100.24歳のバイト君です。今まで国民年金を収…

  • HOME »
  • Q100.24歳のバイト君です。今まで国民年金を収…

質問100.24歳のバイト君です。専門学校を卒業してから現在まで就職できずに、バイトで何とか稼いでます。今まで国民年金を収めていなかったのですが・・・。知人から聞いたのですが、例えば私が来月から国民年金を支払おうとすると、20歳の誕生日から滞納している料金までまとめて払わないとならないと聞いたのですが・・・これは本当なのですか?現在まで親元で暮らしていますが、家に月々の宿賃を入れたり、資格を身に付ける為に学校などにも行っているので、金銭的に余裕もないです。(男性、1975年生まれ)


回答国民年金の保険料は2年を過ぎると時効により納付できなくなります。よって、相談者がこれから保険料を納め始めた場合には、過去2年間分の保険料についての納付義務がまだあることになります。
確かに、収入が安定しない状況で2年間分の保険料を全額納付するのは大変なことです。しかし、今後、保険料を納めていくのであれば、将来もらう年金の額を増やすためにも保険料を納めた期間を増やしておいた方がいいですし、20歳以降の期間のうち保険料を納めていない期間が3分の1以上ある場合には、万一の時の障害年金や遺族年金が支給されなくなってしまいます。
一気に全部じゃなくても大丈夫ですから、まずは市区町村役場で相談してみてはいかがでしょうか。

(2000.4.22掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.