新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q96.大正7年生まれの祖母が今、老齢年金をもらっ…

  • HOME »
  • Q96.大正7年生まれの祖母が今、老齢年金をもらっ…

質問96.大正7年生まれの祖母が今、老齢年金をもらっております。祖母は、今まで身障者の認定で第1種2級を持っておりましたが、去年入院先の病院で足の骨を折ったので、等級の変更の手続きをしております。たぶん第1種1級になるとの事でしたが、こういった重度の障害の認定を受けている場合、障害者年金は受けられるのでしょうか?それとも、老齢年金を受けているので障害者年金は受けられないのでしょうか?(女性、1918年生まれ)


回答残念ですが、65歳以降の疾病や負傷が原因になっている障害については、障害年金は支給されません。
相談者のお祖母様の場合には、以前から障害を負っていらっしゃるということなので、以前の障害について年金が支給される可能性はないか考えてみたのですが、お祖母様のお年を考えると、年金の受給権の時効である5年を過ぎていますので、それも無理なようです。お力になれなくてごめんなさい。

(2000.4.22掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.