新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q35.現在37歳なのですが、国民年金を納めたこと…

  • HOME »
  • Q35.現在37歳なのですが、国民年金を納めたこと…

質問35.私は2年前に結婚、アルバイトを1年ちょっとしてました。以前も18歳から37歳までアルバイトです。年金なんですが・・・何も入ってないんです。友人に国民年金に入らないといけないと言われて・・・37歳で加入して25年間支払えば大丈夫だよと言われたのですが、今からでも加入して年金は貰えるのでしょうか?(女性、パートタイマー、1963年生まれ)


回答 25年間保険料を納めれば年金は支給されます。(この年金をもらうために必要な25年間のことを受給資格期間といいます。)ただし、満額の年金が支給されることはありません。(Q33 を参考にしてください。)
しかし、今後25年以上というのは結構長い話ですから、できるだけ期間を縮める方法を考えてみましょう。

【方法1】:国民年金の保険料は、2年間さかのぼって納めることができます。よって今から保険料をさかのぼって納めれば、後23年分で済むことになります。

【方法2】:本当に今まで全く保険料を払ったことがないのかよーく考えてみてください。
例えば、アルバイト先で厚生年金保険に加入していませんでしたか。
また、ご主人はサラリーマンではないですか。もし、ご主人が厚生年金保険に加入しているならば、相談者は国民年金の第3号被保険者に該当します。第3号被保険者に該当した場合には、市町村役場に届け出をするだけでちゃんと国民年金に加入していることになります。さらに、第3号被保険者は、保険料を払う必要はありませんから届け出をしていないとしたら損になっていまいますよ。この手続きも2年間はさかのぼることができます。厚生年金保険に加入していた期間や第3号被保険者だった期間は受給資格期間に含まれます。

どうでしょうかなんとか25年はクリアできそうでしょうか。
方法1、2ともに手続き窓口は市町村役場です。
(2000.3.2掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.