新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q14. 現在60歳で遺族年金を受給しています。6…

  • HOME »
  • Q14. 現在60歳で遺族年金を受給しています。6…

質問14.いま、遺族年金の支給を受けさせてもらっています。60歳です。厚生年金は22年間掛けましたが、遺族年金の支給を受けていますので、(選択して)65歳になれば、何らかの年金がもらえると聞きました。それは、どんなかたちでいくら位支給されるのでしょうか?国民年金の加入年数は2年ほどと思います。(女性、1939年生まれ)


回答
相談者が65歳になると、現在、受給している遺族厚生年金のほかに老齢基礎年金と老齢厚生年金の受給権が発生します。

この3種類の年金については、次の3つのパターンの併給が可能です。
これは、1人1年金の原則から考えると例外中の例外というべきでしょう。

併給調整の3パターン

受給権者は、自分に一番有利なパターンを1つ選んで受給することができます。

相談者の老齢基礎年金と老齢厚生年金の金額については、情報不足のため今回は算定できませんでした。ごめんなさい。確かな金額を知りたい場合には、住所地の社会保険事務所にお問い合わせください。
(2000.2.19掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.