新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q12. 年金の受給資格を得るのには何年掛ける必要…

  • HOME »
  • Q12. 年金の受給資格を得るのには何年掛ける必要…

質問12.年金の受給資格を得るのには何年掛ける必要があるのですか。
(男性、既婚、1948年生まれ)


回答
老齢年金を受給するために必要な期間は、原則として「保険料を納めた期間」+「保険料を免除された期間」が25年以上です。
例外として、この原則に「合算対象期間」をたして25年以上でもOKです。
この期間の要件は、老齢基礎年金(国民年金)と老齢厚生年金に共通のものです。

なお、老齢厚生年金の受給資格を得るためには上の条件と併せて厚生年金保険の加入期間が1カ月以上必要です。

では、相談者の場合を考えてみましょう。
相談者は、厚生年金保険に29年間加入しています。

相談者の厚生年金保険の加入期間のうち昭和36年4月1日以後で20歳以上60歳未満の期間については、「保険料を納めた期間」となります。

よって、相談者は「保険料を納めた期間」が29年間ありますので、すでに年金の受給資格を得ているわけです。
今後、保険料を納め続ければその期間に比例して将来支給される年金の額が増えることになります。
ちなみに、老齢基礎年金を満額受給するためには「保険料を納めた期間」が40年間(480カ月)必要です。
(2000.2.19掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.