新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q282.来年の1月から3月までは以前働いていた会…

  • HOME »
  • Q282.来年の1月から3月までは以前働いていた会…

質問282.年金について分からないことが多くて頭を悩ませていました。お助けください!今、派遣社員として働いています。現在は厚生年金に加入していますが、派遣先の移転に伴い、今の勤めをやめます。今働いている派遣会社の対応がとても悪く、これからそこの仕事はしないようにしようと思っていますので、今の派遣会社の厚生年金及び保険から12月いっぱいで抜けようと思います。来年の1月から3月までは以前働いていた会社のアルバイトをしようと思っています。だいたい月20万前後いただく予定です。それ以降はまた派遣の仕事をしようと思っています。この場合、私は国民年金の第一号として手続きをするのでしょうか?その場合、何を基準に年金の額、保険料が決まるのですか?もしあまりにも高いようでしたら、主人の扶養に入ろうかとも思っているのですが。すみません。教えて下さい。よろしくお願いいたします。(女性、1973年生まれ)


回答アルバイトとはいえ月に20万円の収となると、ご主人の扶養には入れないでしょう。よって、国民年金の第1号被保険者となりますね。第1号被保険者の保険料は、収入などに関係なく一律に月額13,300円となっています。前納制度を利用すればもう少し割安になります。
口座振替をご希望の場合は、銀行や郵便局の窓口で手続きしてください。
なお、第1号被保険者に該当したとき、該当しなくなったときは、早めに市町村役場の窓口に申し出てください。(2000..掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.