新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q200.今月20歳になり、年金を払いはじめました…

  • HOME »
  • Q200.今月20歳になり、年金を払いはじめました…

質問200.今月20歳になり、年金を払いはじめました。しかし周りの友人が言うには、あと何年か経つと年金そのものがなくなってしまうと言い、免除をしたり払ってなかったりしています。また貰える年になっても全額返ってはこないとも言っています。本当なのでしょうか。他に聞いた話では、学生でなくとも年金を払わずに、それでいて何%かは後で年金が貰えるという制度か何かがあるらしいのですが、それについても教えていただきたいです。宜しく御願いします。(女性、1980年生まれ)


回答現在、公的年金制度の財政が苦しいのは事実ですが、制度が廃止されてしまうようなことにはならないと思います。
Q110でお話ししておりますので、そちらをご参照ください。

また、学生以外の方の保険料には申請免除の制度があります。

<申請免除の対象>
・所得の少ない人や、病気やケガなどで経済的に保険料の納付が困難な人
・保険料の納付が困難となる特別な理由がある人

免除が認められますと、免除を受けた期間については、保険料を納めた期間についての年金額の3分の1の年金が支給されることになります。
(2000.7.4掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.