新潟の年金専門の社労士(社会保険労務士) 障害年金・遺族年金・老齢年金のご相談や申請書の作成と請求の代行、社労士に依頼せず自分一人で書くための書き方の支援やアドバイス 新潟市中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、西蒲区、秋葉区、東蒲原郡、新発田市、阿賀野市、五泉市、燕市、三条市、長岡市、見附市など県内を中心に対応しております。

Q127.現在49歳です。私も妻も厚生年金に20歳…

  • HOME »
  • Q127.現在49歳です。私も妻も厚生年金に20歳…

質問127.私は子育てが終わって、老後妻と2人で暮らすのにどの程度の年収が必要か考えています。ただ公的年金がどれくらいになるかが分かりません。だいたいでいいのですが、教えていただけませんか?私も妻も厚生年金に20歳から加入しています。妻は同じ年です。後2-3年で会社を辞めると言っています。私の給料は平均で月30万ぐらいで、妻は月15万ぐらいです。どうかよろしくお願いします。


回答相談者が20歳のころからの給与の平均が月30万くらい、奥様が15万くらいということですね。

<奥様の場合>
あと2年でお仕事やめて、60歳まで相談者の被扶養者(国民年金の第3号被保険者)になるという仮定で年金額を試算してみましょう。

60歳から老齢厚生年金(報酬比例部分)支給開始
63歳から上記年金に合わせて老齢厚生年金(定額部分)が支給開始
65歳から(定額部分)の支給が終了し、老齢基礎年金(国民年金)支給開始、(報酬比例部分)継続して支給

老齢厚生年金(報酬比例部分):年額397,600円
老齢厚生年金(定額部分):年額623,500円
老齢基礎年金:年額804,200円(平成12年度価額)

<相談者の場合>
60歳までお仕事を続けたと仮定します。

60歳から老齢厚生年金(報酬比例部分)支給開始
65歳から上記年金に合わせて老齢基礎年金が支給開始
※(定額部分)の支給開始年齢の引き上げが現在行われていて、男性は昭和24年4月2日以降生まれの人から支給されなくなります。ただし、女性は男性より5年遅れになっています。

老齢厚生年金(報酬比例部分):年額1,026,000円
老齢基礎年金:年額804,200円(平成12年度価額)

なお、今回の試算は現行法にもとづき行ったものですし、物価の変動なども考慮していませんので、実際の年金支給額とは一致しない場合があることをご承知おきください。
(2000.5.21掲載)

回答の内容は掲載された日付時点において有効な内容です。回答日より時間を経たのもは法律の改正などにより、事実と異なる場合があります

PAGETOP
Copyright © 2000-2015 <新潟の年金相談>さかいFP社労士事務所 All Rights Reserved.